中古車買取

買い取ってもらうために必要な物は?

中古車買取を依頼する際には、車本体以外にも、必要な物がたくさんあります。車だけ持って行って、”いくらです”とすぐに提示されれば楽ですが、そうはいきません。よくある中古車の販売店での査定額は、これらの必要品が全て揃っている前提ですので、これらが無い場合、査定額が下がったり、最悪の場合には売却が出来ない場合すらあり得ますので、しっかりと準備したいものですね。 まずは、自動車検査証です。車検がまだ残っている場合や、廃車登録したのでなければ、公道を走る以上必要になる書類です。万が一紛失等して手元に無い場合には、運輸支局で必ず再交付が必要です。 次に自賠責保険証明書です。車検証と同じく、運転者は必ず加入しなければならないものですので、車検が残っている場合には、必ず必要です。もしも無い場合には、保険会社に連絡して、再交付が必要です。 あとは、自動車税納税証明書です。自動車の所有者は、1年に一回、自動車税を納税する義務があります。その証明となりますので、必ず用意しておくようにしましょう。軽自動車の場合には、軽自動車納税証明書になります。 最後に、実印と印鑑証明が必要になります。東京、神奈川、千葉、埼玉の中古車買取専門店はたくさんありますので、これらの必要品を揃えて、よく吟味して中古車買取のお店を決めましょう。